HOME > 店長ブログ > 作業場拡張にあたり思う事

作業場拡張にあたり思う事

  • 2015年05月14日

4月頃から6月頃まで生姜製品は少し閑散期を迎えます。ですので、この時期が次へのシーズンの種まきや改善の時期となります。今年は昨年末より、作業場を拡張しようと決めていましたので、昨日に工務店さんに見積の為の下見にきて頂きました。その打ち合わせをしながら多くの事が振り返り思い出されます。
 
当店は自宅を改造して営んでいる本当に規模の小さい作業場です。しかし、この自宅を残しくれた祖父母、改造を了承してくれた両親・妹・弟、改装資金を4年間の営業で少しづつ蓄え、それを支えて下さったお客様、その営業をサポートしてくださった関係者さんに、本当に感謝の思いでいっぱいです。
始めた当初は想像もつきませんでした。

営業面でいうと、自宅でさせて頂いていることで家賃面のコストが賃貸よりも安く済んでいるために続けられたいう面もあります。この自宅は今は亡き祖父母が築いてくれたのですが、祖父母は何をして自宅を購入したのか。

祖母は戦後に「担ぎ屋」をして生活の足しにしていたと、よく本人から聞かされていました。地元福山から着物を集め、駅家町や加茂町に行って食糧と交換してその利鞘で少しづつお金を貯めたと。祖父は駅前で「おでん屋」をやって、さらにその食糧に付加価値をつけて売っていたとの事。 そして、祖母が鞆の浦出身だったためにその縁で、鞆の有力者から駅前の土地を売ってもらい、そこで旅館をやり始めて財を作りました。簡単にはそれが今の自宅ルーツです。

DSC_0396

今やっている事業も、図らずもよく似ているなぁと思うのです。駅家町の「はっとり生姜」を仕入れて、自宅で加工して販売。販売は鞆の浦の軽トラ市
http://tomo-keitoraichi.jimdo.com/ で屋台的に出店したりと。 鞆の浦は、鞆のお寺さんの檀家でもあるので、意識して営業もしています。 すぐではないですが、駅家町にも作業場を作っていきたいと思っています。 なんかしら縁があるのでしょうね。

DSC_0222

 

とても狭いエリアの話ですが、守られている感じがして、それに応えていかなければと思う事が多くなり、ブログに書きました! まだ、見積もりも出ていないので、どこまで改装ができるか・・・(汗

次の絵は2020年の想像図です(汗

_E3_82_B8_E3_83_B3_E3_82_B8_E3_83_A3_E3_83_BC_E3_83_80_E3_82_A4_E3_83_A4_E3_83_A2_E3_83_B3_E3_83_89_E5_AE_8C_E6_88_90.

 

  • 出店情報
  • 店長ブログ

ジンジャーダイヤモンド商品一覧はこちら